【口コミ】auから評判の良いマイネオに転向した結果 料金や回線などを徹底比較

 

僕は家族全員で1年くらい前にauからマイネオに移行しました。

 

理由はなんとなくというのが大きいです。少し前から格安スマホという単語が流行りだして、安くなるなら試してみよう、とかその程度です。

 

これからマイネオに移行しようとしている人には僕の体験談は参考になると思いますのでぜひ参考にしてください。

 

この一年でマイネオのいいところもたくさん知れたし、悪いところも分かりました。契約しようとしている人はデメリットも踏まえたうえでしてください。

 

Sponsored Link

 

auを解約した理由

マイネオと契約する前には僕はauの回線を利用していました。特に不便もなく不満は特にありませんでした。

 

今だったら料金はかなり割高だったなという風に感じますが、解約前の僕からすればあまり料金に対しても何も疑問に思ってはいませんでした。

 

主な理由としては僕の家ではWi-Fiのルーターをおいていて、学校でもWi-Fiが通っているのでそもそもギガ数が必要なかったというのが大きいです。

 

なので最低ギガ数が500mbからのマイネオに魅力を感じて、移行することに決めました。僕と同じような環境の人は参考にしてください。

 

【格安スマホのすすめ】マイネオを1年間使ってきた感想、メリットやデメリットを個人的に評価してみた

2018.11.11

 

マイネオとauの違い

通信速度

マイネオはauの回線を利用しているから、auからマイネオに移行しても通信状況自体は変わらないと言われることもありますがそんなことはありません。

 

僕の体感的にも速度の計測値的にもマイネオよりauのほうが速いです。

 

マイネオは速度が遅いという話は本当なのか au回線の速度を時間帯ごとに計ってみた

2019.01.07

 

マイネオだとユーチューブを見るときに少し止まったりして、不便だなと感じることがあります。人によってはイライラするかもしれません。

 

なのでサクサクスマホが動くことを求める人にはマイネオは向いていないのかもしれません。

 

 

利用料金

やはりauとマイネオを比較してみて一番大きな違いというのは月額の利用料金の差です。

 

auの請求にはスマホ自体の機種代金の分割分も含まれていますが、それを除いたとしてもかなりの差があります。

 

実際の請求書を見比べてみましょう。まずはauです。

 

↑auで契約していたころの請求書

 

上の画像はauとの契約を解約したころの請求書なので手数料のところがやたらと大きな金額になっていますが、その他の部分は通常月と同じです。

 

基本料金の5590円に通話料とオプションで195円、さらに消費税を合わせると約6200円。これがauのころのスマホ一台当たりの基本的な使用料金です。

 

さらに言えばスマホの機種代を分割で契約していたので、この6200円に機種代の約3000円が毎月の支払いに追加され約9200円くらいを支払っていました。

 

次にマイネオです。

↑実際のマイネオの請求

 

スマホの機種代などは含まれていませんが、基本的な使用料金は上の画像からわかる通り約3200円です。

 

auの基本利用料金は約6200円だったので、違いは約3000円ということになります。およそ二倍です。

 

auのころは契約していたギガ数が5ギガでしたが、マイネオは6ギガです。使用データ量を比べてもマイネオのほうが優れているということがわかります。

 

ちなみに通話機能はライン電話しか使わないという人は、マイネオ電話のところを丸々削れるのでさらに安く利用することができます。

 

あなたのスマホそのままで使える!mineo

実店舗の有無

何かスマホの操作で困ったことがあったとき、不具合が起きたとき、聞きたいことができたときなどなど。

 

自宅の近くに相談できる実店舗がある会社は信頼性が高いといえます。特に高齢者になればなるほど実店舗があると安心感が生まれます。

 

若い世代は抵抗がないかもしれませんが、インターネット上だけで契約をするということに不信感を覚える人がいるのも確かです。

 

3大キャリアと言われるau、ソフトバンク、ドコモは実店舗が各地域にあります。実店舗があるほうが安心するという方は格安スマホよりキャリアに契約するほうがいいかもしれません。

 

UQモバイルという格安スマホは実店舗も豊富な会社なので、そこで契約するのもいいかもしれません。

 

契約の変更のしやすさ

ギガ数をもっと増やしたい。通話していないから通話をオプションから外したい。

 

何か月か利用すれば、もっとこうなれば便利なのに、料金が安くなるのに。というような要望というのが出てくると思います。

 

マイネオではそのような契約内容の変更はインターネット上でササっとすることができます。わざわざ店舗まで出向いて書類を書いてなんて面倒くさいことは全ていりません。

 

自分にぴったりのオプションを簡単に設定できるので、店舗に行くのが面倒くさいといっためんどくさがりにはマイネオは合っていると思います。

 

 

auからマイネオに移行して感じたこと

auからマイネオに移行して一番感じるのはやはり料金が安いなというところです。

 

乗り換え始めはauの違約金や機種代の支払いで安くなっている実感がありませんでしたが、3か月もたてば家族三人合わせた月額料金が1万円を余裕で切るという、今まででは感挙げられない通信費になりました。

 

安さを求める人はマイネオと契約することで必ず満足できると思います。今まで払ってきた額は何だったんだってなります(笑)

 

しかし格安スマホもいいところだけではありません。キャリアの時と比べて通信速度が遅いというのは今は慣れましたが、始めは少しストレスがたまります。

 

どうしても通信速度は速いほうがいいという人や、ノートパソコンを持っていたりする人はマイネオとの契約とは別にポケットWi-Fiの購入も検討して見てください。

 

業界最安級!月額1,380円~ギガ放題が利用できるカシモWiMAX

実際に僕が利用しているポケットWi-Fiです。ギガ放題プランを選べばスマホだけではなくノートパソコンを使ってもギガ数を気にせずにいられるので非常に重宝しています。

 

先述したようにマイネオは500mbから契約することができるので、契約内容は自分に合ったようにカスタマイズできます。ポケットWi-Fiを使うのであれば、500mbで契約するなど工夫をしてみてください。

 

まとめ

今回はauからマイネオに移行したことについての感想についてお伝えしてきました。

 

結論としては、マイネオはauと比べて料金はかなり安いが、体感では速度では劣るということになります。

 

しかしコストパフォーマンスという観点で見てみるとマイネオのほうがはるかに軍配が上がりますし、たいていの人はマイネオのほうが合っていると思います。

 

僕のauを利用していたころの料金というのは、マイネオとポケットWi-Fiの料金を足した額と同じくらいになります。どう考えても後者の方が賢い選択です。

 

スマホの通信費というのは家計の中でも比較的大きな割合を占めます。しかも継続的に払わないといけないので、節約効果は半端ではありません。

 

【今すぐ実践できる】 投資金を捻出するための節約方法おすすめ3選!

2018.11.02

 

自分の親も家計が楽になったと喜んでくれています。皆さんもマイネオに乗り換えて賢く節約しましょう。

 

今日も見てくださりありがとうございました。

 

あなたのスマホそのままで使える!mineo