【大学生に見てほしい】どうしても働きたくないのでどうしたらいいか考えてみた

 

どうもです。まず自己紹介からしていこうと思います。

 

僕は今現在とある高専に通っている18歳の学生です。つまり進学しないならあと2年で就職して働くというのが普通のルートになります。

 

僕は何年も前から漠然と働きたくないなぁと考えてきましたが、就職が現実として近づいているのもあり非常に焦ってきているというのが現状です。

 

これは世の中の大学生世代のほぼ全員が抱いている感情だと思います。だって誰だって働かなくて済むなら働きたくないですしね。

 

しかしこれは気持ちの中だけの話で実際現実を見ると9割以上の人が就職をしていきます。

 

なにせ働きたくなくてもそのためにどうしたらいいかわからないし、身近にその方法を教えてくれる人だって普通いません。

 

周りの誰もが自分の就職と結婚を望み、それ以外を中々受け入れようとしてくれません。

 

今回はもう数年で就職という崖っぷちの大学生に向けてどうやったら働かなくても生きていけるかということについて僕が考えたことをお伝えしていこうと思います。

 

Sponsored Link

 

働かないで生活するためのステップ

1 ギリギリ生活できる収入を自分だけで稼ぐ

まず第一にお金がなければ僕たちは生きていくことができません。何も買えないしどこにも住めません。

 

親が養ってくれるのであれば別にそれも悪くないと思うのですが、残念ながら自分よりも親のほうが寿命が残り少ないです。むしろ自分が支えてあげないといけなくなります。

 

お金を稼ぐためには働くなくてはいけません。なので就職しないで生きていくことはできるけれど、働かずに生きることは無理だと思います。

 

この記事を読んでくださっている方は働きたくないというよりは、就職して毎日毎日馬車馬のごとく働きたくないという意味合いのほうが多いと思うので関係ないかもしれませんね。

 

働かずに生きていこうと思ったらまずは完全に自立しなければなりません。経済的にも精神的にもです。

 

まずはギリギリ生活できる収入を自分だけで稼ぎ出す必要があります。

 

就職したくないのであればまずはこの最初にして最大のハードルをクリアしなくてはいけません。これが誰もできないからみんな諦めて就職しています。

 

逆に言えばこれさえすればあとはほんの少しの勉強と努力で就職しなくても生きていけるようになります。日本で衣食住を自分一人で確保しようとしたらざっと10万円くらいは必要だと思います。

 

方法は何でも構いませんが、まずは自分ができるビジネスを実際にやってみることが重要です。僕で言えばこのブログとかですね。

 

この稼ぐというのはあとで少し詳しく説明していこうと思います。

 

 

2 賢く節約する

就職せずに生きていこうと思えば、賢いお金の使い方を学ばないといけません。

 

仮に月10万円しか収入がなかったとして、賢いお金の使い方ができなければ確実に借金をしてしまうハメになります。

 

これはどんなに収入を得ている人でも同じことですが、就職していない人というのは来月の収入がどうなるか予想できなくなります。なので確実に月の収支はプラスにしておかないといけません。なんなら貯金する余裕すらないと厳しいくらいです。

 

ここで重要なのは自身の身の丈を客観的に考えるということです。収入が低いなら常識にとらわれずに何がぜいたく品なのかというのを考えるんです。

 

賃貸を借りるにしても収入の半分以下に抑えるなんて当たり前ですし、収入によっては外食も一切控えないといけません。

 

【今すぐ実践できる】 投資金を捻出するための節約方法おすすめ3選!

2018.11.02

 

よくニュースで最近の新卒は厳しい生活を余儀なくされていると言われます。確かにその通りなのですが、身の丈に合っていない生活をしているんじゃないかと僕は思います。

 

僕はどうしようもなくなれば事故物件でもいいと思っています。それが身の丈であるならばですが。

 

それくらい自分の収入をしっかり把握して、確実に月の収支を常にプラスに保つようにしないといけません。

 

 

3 できた時間を自身の成長に使う

就職しない選択をした人というのは一般的に自分の自由な時間が豊富に確保できると思います。

 

短時間のアルバイトやネットビジネスに当てる時間を差し引いても一般的なサラリーマンよりも多くの時間が確保できます。

 

そうしてできた時間というのは自身のスキルアップ、または教養を高めるための勉強、さらなる収入アップのための作業に当てましょう。

 

基本的に初期のフリーランスというのはブラック企業のようなものです。寝る間を惜しんで作業をしないといけないこともあるでしょうし、今月生きていけるかも心配になることもあるでしょう。

 

しかしフリーランスはブラック企業と違って「自分の頑張りは全て自分に返ってくる」というメリットがあります。(もちろん自分の怠慢も跳ね返ってきますが)

 

空いた時間を精力的にスキルアップに使えば、入社した時点でゴールと思っている同世代よりも収入はどうであれ有能な人材になっていると思います。

 

今であればプログラミングの技術が非常に世の中で求められています。

 

こういった技術もネットビジネスとかの他に着けていくことで万が一ネットビジネスのほうが不調になっても食つなぐことができます。反対もまたしかりです。

 

空いた時間を学習と作業に費やすことで収入の分散化につながります。するとサラリーマンよりもさらに安定、さらに高収入が実現できるのではと僕は思っています。

 

 

4 生活に余裕ができたら投資に回す

フリーランスに限らず、資本主義社会を生きている全ての人が経済面での人生の目標を決めるとしたらどれくらいの額だと皆さんは思いますか?

 

つまり人生というゲームにおいていくらお金を貯めることができたらゲームクリアだと言えるかということです。

 

その額は人によって違うでしょうし、野望が大きい人や欲のない人もいるのでなんとも言えないところではあるのですが、僕の中ではなんとなくの基準があります。

 

それは1億円です。1億円をキャッシュ、または金融資産で保有している人が資本主義社会の勝ち組ではないかと思っています。

 

理由は1億円あれば理論上では人は労働をしなくても生きてくことができるからです。

 

投資信託で分配金生活をするには元本はいくら必要なのか?

2018.04.23

 

世界の経済成長率というのは平均的に見ると約4%です。つまり全世界の株式をGDP比を目安に分散して購入しておくと1億円の4%だから400万円が毎年の利益としてでるという計算になります。

 

1億円さえあれば年金がなくなるんじゃないかという心配すらしなくてよくなります。

 

もちろんこれは理想論であることには違いはありませんが、現実的なようであり夢のある話ではありませんか?僕はこれを目標にしています。

 

1億円を貯めるにはやはりコツコツ積み立てる他ありません。生活の基盤と言えるものができたらすぐに資産形成に取り掛かりましょう。

 

平凡を継続して非凡へ。ほったらかし投資が金融のプロ並みに優れている3つの理由

2018.10.02

 

自分の人生の経済的なゴールというのを設定するとなんだか無性にやる気がでてきます。

 

資産形成は若くから学んで実践しておくといいと思います。このブログでは僕の投資の経過報告をしているのでよかったら見て見てください。

 

 

結局はどうやって稼ぐかというところが重要

なんだかんだ就職しないで生きていくためのステップらしきことを言ってきましたが、上記の4つの項目の中で圧倒的に難易度が高いのはやはり「自分の生活費を稼ぐ」というところです。

 

これさえクリアできなければ就職せずに生きていくことは不可能になってしまいます。

 

就職せずに生きていくには自分でビジネスをするほかありません。しかしただの一学生であるのであれば初期費用が莫大にかかるものはできません。

 

よって結果的に選択肢というのは狭くなります。

 

結論としては、手に職をつけるか、自分の商品(資産)をネット上で作るかのどちらかの選択になると思います。(転売とかは例外として)

 

今の世の中ネットが発達していて、さまざまな事業が初期費用を安く、さらに個人で始められるものもたくさんあります。

 

就職したくないのであればそれなりに覚悟を持って、イケハヤさんの言葉を借りるのであれば「セルフブラック企業」になってスキルをどんどん身につけましょう。

 

いま学生なのであるならば今のうちからスキルの習得に勤めましょう。若いというのはそれだけで得です。

 

Sponsored Link

 

ミニマリストという生き方しか残されてない気がする

個人で稼ぐというのは本当に難しいことです。どうすればいいのかなんて誰もおしえてくれませんからね。

 

とはいっても真面目に努力すれば才能がなくても月に5万円くらいは自分の力で稼げます。

 

僕は才能もなにもないですが自分だけの力(アルバイト以外)で月に3万円くらい稼いでいます。収入は常に最高値を更新し続けているので今年中には月5万円くらいはいくと思います。

 

なのでネットで稼ぐなんて不可能だなんて思わないでなんでも挑戦してみましょう。いま学生をしているのであれば特にです。

 

しかし収入はおもったよりもなかなか上がらないと思います。僕も今年中には月収5万円を達成できそうと話しましたが、それでは生きていくには物足りません。

 

就職せずに生きていくと選択した人の多くがその月の生活費を稼げないということに悩むことになると思います。

 

やはりここで重要になってくるのが先述した「賢く節約する」ということです。

 

大きな額を稼げないのであれば、生きていくのに必要な最低限のモノで生きていくミニマリストという生き方をするしかないのです。

 

さらに言うのであればネットである程度稼げるのであれば物価の安い国に移住してみることも考えてみるべきなのかもしれません。

 

こういうことを考えると世界は広くて、僕たちは本当は自由なんだなという風に感じます。僕にとってはもう2年後ですが、いざ選択を迫られたとき悔いのない道を進みたいものです。

 

 

まとめ

今回はどうしたら働かなくても生きていけるか考えてみたというテーマでお伝えしてきました。

 

結論としては、モノを最低限しか買わないミニマリストとなり、ネットで月の生活を何とか稼ぐ。

 

そして一般よりも多く余る時間を使って自身のスキルアップとネット上の資産形成に当てて常に収入アップを目指す。

 

生活費に余裕が出て来たら、投資に回しなるべく早く1億円を貯めるというのが良いのではないかと僕は思っています。

 

これは僕の考えであり他の人がどう思うかは分かりませんが、将来に悩んでいる大学生年代や高校生年代は少し現状を可視化して客観視できたのでないかと思います。

 

漠然と働きたくないなと思っていても、大きな流れにのって就職するのはほぼ確定ですし、何をすればいいのかもわからない人に目標がかなえられるわけもありません。

 

周りと違うことをするというのはとんでもない不安と怖さがあります。今僕は簡単にネットで稼げばいいとか海外に移住すればいいとか言っていますが、

 

周りがみんな就職しだしたら自分を本当の意味で見つめなおすと思います。本当にこれでいいのかとか周りから変な目で見られると自分が間違ったことをしているのではないかと考えたり。

 

皆さんもそういう状況になればどうか自分の感じるままに行動してください。おたがい後悔のない人生にしましょう。

 

今日も見てくださりありがとうございました。

 

Sponsored Link